×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

いびき 治療 口コミ

自分のいびきの症状を知る

人にはなかなか相談しにくい悩みの一つがいびきです。本人が自覚していない場合も多いでしょうし、家族や友人に指摘されて、初めて自分のいびきを知るという人も多いのではないでしょうか?

たかがいびきと思ってはいませんか?いびきは、睡眠時無呼吸症候群の可能性もあります。

自分のいびきの症状を明確にして、治療をするのをお勧めします。場合によっては、病院で手術をしたほうがいい場合もあるので、いびきの原因を知っておきましょう。

いびきの原因は、寝ているときに気道が狭くなるために起こります。気道が狭くなる原因も人それぞれで、太っている人は喉周辺の脂肪が、気道を狭くする原因となります。また顎が小さかったり、引っこんでいる場合は舌があごにおさまらず気道が狭くなることもあります。

いびきをかく人はほとんどが口を開けて寝ています。花粉症などの鼻づまりによって、鼻で息をすることができなくなったときにもいびきは出やすくなります。

いびきが本当に恐ろしいのは、無呼吸状態が続いた場合です。酸素が欠乏することによって、脳や心臓などに機能障害を引き起こす恐れがあるからです。突然死や居眠り運転の事故もいびきが原因とされている場合も多いのです。そんなことになる前に、いびきを治療しましょう。

いびきの専門病院の探し方

いびきの治療はどうすればいいのでしょうか?いびきの原因は人によって様々なので自分のいびきについて、良く知ることが大切です。まずは、家族の協力を得て自分のいびきを録音してみてください。

途中で一定期間以上呼吸が止まっているとわかれば、睡眠時無呼吸症候群の可能性が高いです。症状がわかったら病院の耳鼻科を受診してみてください。その時に自分の症状を詳しく説明することが大切です。診断されれば専門的な病院に、紹介状が書いてもらえると思います。

家で調べなくても、病院でも睡眠時無呼吸症候群の検査は行っています。検査はいたって簡単なもので、夜、病院にいって病院で寝て翌朝帰宅するだけです。結果によっては睡眠時無呼吸症候群でなかった場合は、耳鼻科の病院が紹介されます。

できるだけ信頼できる病院がいいのですが、インターネット上の口コミサイトなどから情報を得てみてはいかがでしょうか?「いびき 治療 東京」と検索すると東京のいびき治療の専門の病院がヒットします。

スポンサードリンク

看護士の仕事内容は?